幼児保育学科

こどもたちに一番近い場所で幼児保育に必要なことを学ぶ。

保育士・幼稚園教諭になるための資格取得を目指します。同じ校舎内にある「池坊保育園」との連携や「いけばな」をはじめとする本学ならではの教養教育を通じていのちの大切さを学び、豊かな人間性と創造力を持った保育士・幼稚園教諭を育成します。

学びのポイント

  1. 1. 伝統文化から人間性や創造力を養う
  2. 2. こどものいのちを守り、個性を尊重する能力を養う
  3. 3. 観察力を鍛え、こどもの気持ちを理解する
  4. 4. コミュニケーション能力や社会性を養う
  5. 5. 社会人としての基礎能力を身につける
  6. 6. 家庭や地域と連携できる能力を育成する

取得できる免許や資格

卒業時に資格が得られるもの

  • ■ 保育士資格(国家資格)
  • ■ 幼稚園教諭二種免許状(国家資格)
  • ■ 華道免許状(華道家元池坊准華匡脇教授三級)
  • ■ 茶道免許状(表千家)
  • ■ 茶道許状(裏千家)

在学中に取得をサポートしているもの

  • ● マナー・プロトコール検定

職業、進路、就職先について

目指せる職業

  • ● 保育士
  • ● 幼稚園教諭 など

卒業後の進路

  • ● 幼稚園
  • ● 保育園
  • ● 認定こども園
  • ● 児童福祉施設 など

カリキュラム紹介

1年次

まずは基本的な知識と
技能をきちんと学習。

国語や音楽、造形、幼児体育などの知識や技能とともに、教育・保育に関する専門知識を学習。後期には実習も始まります。

>

2年次

演習と実習を繰り返し
実践力を身につける

より実践的に保育を学ぶ演習と、幼稚園・保育園・福祉施設での実習を通じて、保育の現場で即戦力になれる力を修得します。

>

保育園、幼稚園、
認定こども園、児童福祉施設
など 幼児保育のプロへ

求める人物像(アドミッションポリシー)

  1. 子どもの「いのち」を尊重し、子どもに対して慈しみの心を持てる人
  2. 子どもが好きで保育および幼児教育者となるための学業に取り組める基礎学力を備えている人
  3. 保育および幼児教育に関する専門的な知識を習得し、その専門の職業人となることを志す人

学科の学び メッセージ

幼児保育学科 学科長 林 幸範 教授

幼児保育学科 学科長
林 幸範 教授

こどもの命を守るために、必要な力を身につけましょう。

保育や幼児教育にとって、いちばん大切なことは何でしょうか?それは、こどもの命を守ること。ちょっと大げさかもしれませんが、私たちはそう考えます。
命を守るということは、健康的なこころとからだを維持し、成長を支えるということ。こどもの日々の生活を知りつくしてはじめてできることです。
ところが、家庭のかたちが多様化している今、子育て環境も同様に変化をしています。こどもを理解し、守ることに不安を感じているご家庭も少なくありません。だからこそ、身近な保育園や幼稚園の先生がこどもとご家族をしっかりと支えてあげないといけません。こどもの命を、どうしたら守れるのかを真剣に考え、そのために必要な力を身につけませんか。
こどもが大好きな、あなたと学べるのを楽しみにしています。

資料請求