環境文化学科 製菓クリエイトコース



環境文化学科 製菓クリエイトコース
先輩の声
コース目標・学ぶポイント
カリキュラム
資格・免許
先生からのメッセージ





製菓クリエイトコースの学び

単においしいお菓子を作るだけではプロとはいえません。食品としての安全・安心を当然のこととして踏まえながら、ビジュアル的にも美しく、常にコンスタントな品質で提供し続ける。それができるからこそパティシエは「製菓衛生師」という国家資格で認められたプロフェッショナルな職業なのです。この製菓クリエイトコースでは、卒業時に製菓衛生師の受験資格を取得することができるカリキュラムを編成しています。プロ仕様の設備を備えた実習室でさまざまなお菓子やパン作りの技術を学び、接客対応や商品ディスプレイなど、パティスリー経営で役立つ技能も修得。食品衛生学や栄養学などの専門知識はもちろん、語学をはじめとする短大ならではの科目で幅広い教養も身につけることができます。 さらに華道・茶道の授業を通して養われる「おもてなしの心」と文化的素養は、プロのパティシエに求められるスキルにいっそうの深さと広がりをもたせることにつながります。

ビジネスとして製菓をとらえる視点も獲得

授業ではお菓子作りの実習以外に、食品を扱う仕事に不可欠な衛生学や栄養学も勉強します。また「社会A」などの授業で商品価値を高める大切さを学び、製菓をビジネスとしてとらえる視点を身につけることができました。 華道の授業では、自然の彩りが持つ美しさを勉強したり、茶道で「おもてなしの心」を教わったり、幅広い分野の学びがすべて自分の財産になっているのを感じます。将来は小さなカフェレストランでケーキやお菓子をはじめ、人を笑顔にできるデザートを作るのが目標です。


プライバシーポリシー    このサイトについて  
〒600-8491京都市下京区四条室町鶏鉾町 TEL:075-351-8581 FAX:075-351-8589
All Rights Reserved. Copyright(C) 2005-2007 IKENOBO COLLEGE