池坊保育園

京都市認可保育園

入園案内

入園までの流れ

  • 1
    保育園見学(希望者)
  • 2
    保育の必要性の認定申請(11月)
  • 3
    保育の必要性の認定
  • 4
    福祉事務所にて一斉面談(1月)
  • 5
    認定証交付
  • 6
    保育利用の申し込み
  • 7
    利用調整
  • 8
    施設のあっせん・要請
  • 9
    利用施設契約・重要事項説明会(3月)
  • 10
    保育の利用(4月)

利用手続き

平成27年4月より「子ども・子育て支援制度」がはじまりました。利用手続きは、以下の通りです。
市町村に保育の必要性を申請し、認定を受けると認定証が交付されます。保育利用希望(希望園を記名)を申し込み、市町村で審査され保育施設が決定します。保育施設と保護者との利用施設契約・重要事項説明会が成立したのち、4月から保育の利用が始まります。

入園の基準

池坊保育園は社会福祉法人です。
保護者の方が家庭で日常的に保育するのは難しい場合、代わりに乳幼児を保育する施設です。入園は、京都市の定める入所基準に基づいて決定されます。以下に、京都市内の保育所への基本的な入園手続きの流れについて、ご説明いたします。

入園申し込みについて

保育園の入園には、福祉事務所への手続きが必要です。
たとえば4月からの入園をご希望の場合は、11月~配布される申込書(園または福祉事務所)に必要事項を記入し、園または福祉事務所に持参してください。その年の1月中旬に福祉事務所で一斉面接がありますので、希望する保育園の面接日に行ってください。入園申込書に基づいて市が審査を行い、決定通知がなされます。

施設見学

お近くの福祉事務所や保育園の情報は、区役所にお問合せください。
園内の見学は随時受け付けておりますので、事前連絡で、日程調整のうえご見学いただいて、入園させるかどうかを判断してください。

申し込みに必要な書類

  • ・児童福祉施設入所申込書(兼入所台帳)
  • ・保育所入所申請補助票兼面接記録票
    入園を希望する保育園を明記し、現在の子どもの状況と家庭の状況を記入する書類です。
  • ・就労証明書
    現在仕事をしている人、就職が内定している人。両親ともに必要です。(家庭において保育が出来ない状況を説明するために必要です)
  • ・課税状況に関する書類
    • 給与所得者(会社員・公務員等)…本年分源泉徴収票
    • 確定申告者(自営業・農業等) …本年分確定申告控
    • 市民税申告者(所得税未申告者)…本年度市民税課税(非課税)証明書
      所得を証明するために必要です。前年の所得高に基づいて保育料が決められます。
  • ※保護者の入院・家族の介護などの事情で保育が困難な方は、別の書類が必要です。
  • ※上記の各種書式は、区役所や保育園に置いてあります。

優先順位の判断

入園が必要な優先順位の判断は、京都市が決定します。申し込み順ではありません。

保育料金について

保育料金は、各ご家庭の前年度所得税額、児童の年齢、保育時間帯によって異なります。
※詳しくは福祉事務所にお問合せください。